リフォーム会社は日進市から徒歩5分のユーアイファクトリーまで

094

LOG RESORT

アメリカンテイストで機能的な輸入住宅

 

煙突にビルトインガレージ、アスファルトシングルの屋根。それこそ、外観を一目見ただけでわかる、アメリカンハウスの特色です。デザインだけでなく、建材や設備、家具に至るまで、アメリカから直輸入しているログリゾートだからこそのリアルな再現。開放的でおおらかな、自然と隣り合う暮らしを楽しめます。

 

 

軽井沢の別荘地に立つ、煙突のある2階建ての住宅。外観だけでなく、間取りや建具のデザイン、家具の一つ一つに至るまで、古き良き時代のアメリカの暮らしをそのまま再現したよう。軽井沢は夏でも冷房がほぼいらないほど、冷涼な環境。冬塲の雪は少ないとはいえ、都心よりもずっと厳しい自然環境に置かれています。そこで「ログリゾー卜」が提案するのは、自然の中での生活を楽しむために、快適性・機能性に優れたアメリカンスタイルの住宅です。

2×6工法や発泡ウレタン施工、さらにはLED電球や不活性ガス封入のトリプルガラス樹脂サッシ仕様などにより、建物全体を魔法瓶の状態に建築しているため、全館集中冷暖房でもエネルギーコス卜を抑えられています。また、屋根材には「アスファルトシングル」を使用。耐久性が高く軽いのも待徴です。

デザイン面へのこだわりも魅力。角に丸みをもたせる「ブルノーズ」や、モールディング・巾木のデザインの優美さは、アメリカンハウスならではのもの。アシュレイホームストアが家具や設備のコーディネー卜を担当しているので、機能的かつ調和のとれたインテリアを実現しています。

 

095

D support

自然素材をふんだんに使用し息づくような住まいをつくる

 

ぬくもりを持つ無垢の天然木に囲まれる生活は、小さなお子さんがすくすくと成長してゆくうえでも重要なボイント。Dサポートの住まいづくりはそれだけでなくオリジナルの塗り壁材を使用し、家具類もオーダーメイドするなど隅々までこだわりを見せる健康住宅です。

 

生まれ育った街で家を建てたIさん。家づくりを思い立ったきっかけは、静岡県を中心に自然素材を使用した住まいづくりを手掛けるDサポートが得意とするフレンチスタイルを奥さまがとても気 に入ったからでした。

依頼を受けた家族にピッタリと似合う“オンリーワンの家づくり”をコンセプトとするサポー卜は、天然木やオリジナルの塗り壁などを使った健康住宅を得意とするハウスメー力―です。

I邸に入るとさまざまなアイディアや遊び心が盛リ込まれていることがわかリます。リビングに使われた大きな梁は、天然木というだけでなく、静岡産天然杉を使用するこだわりよう。家族のひとリずつ設けられた個室は、個性に台わせたイメージカラーで彩られており、サッカーが好きなご主人の書斎はサムライブルーとされました。

壁や天井に使用ざれているDサポートオリジナルの塗材は、高い調湿、吸湿効果を発揮します。そのおかげで部屋の中はいつも新鮮な空気に包まれています。生活する家族みんなが健康的に素敵な時間を送ることができる、そんな自然素材の家になっているのです。

 

018

伊藤さん・千葉県

無機質な外観から一転 カラフルな内装を意識

 

IKEA Tokyo-Bayにお勤めの伊藤省吾さんが実家の敷地内に建てた店舗兼住居の一軒家。1階店舗部分はお母さまが作るアイシングクッキーの工房も隣接しています。住居スペースは1階半分と2階フロアで。将来的には二世帯住宅になるよう、玄関や水回りは2つずつ。インテリアで意識したのは色づかい。外観は工場のような無機質に、中は一転カラフルな世界。このドラマチックな演出は映画「チャーリーとチョコレートエ場」のシーンをイメージしたそう。たくさんの色を使いながらも、まとまって見えるコツは家具の色を抑えたこと。「家具は黒か白、または床と同じナチュラルな木の色と決めています。ベッドカバーやラグなど、大物の布にマルチカラーを選べば、意外となんでも合います」と伊藤さん。

 

019

奧野さん•愛知県

職人の手仕事による家具が心を満たしてくれる家に

 

建築関係の仕事を経験し、現在は整理収納アドバイザーとして活躍する奥野愉加子さん。新居の設計は名古屋の建築家、諸江一紀氏に依頼しますが、ご主人の海外赴任のため3年ほど中断。ドイツ暮らしを経て再開し、5年がかりで念願のマイホームが完成しました。リビングの隣の内庭から風や光が入り込む大空間が魅力で、構造体をあえてむき出しにするなど、素材感を生かした部屋づくリが印象的です。ダイニングは壁全体を収納に、1階で使うものはほとんど収まります。家具一つ一つにも思い入れがあり、ダイニングテーブルはドイツ在住時、オランダの家具メーカー「acro」でオーダー。これに合わせて、奈良の家具作家「FURNITURE STOCK」にダイニングチェアの制作を依頼しました。

 

020

塩澤さん・埼玉県

素材から一つ一つ選び抜き風が抜ける心地よい住空間に

 

住宅メーカー「LOHAS studio」熊谷店の店長を務める塩澤さん。奧さまのご両親との同居を機に、自然環境や健康に配戚する「パッシブデザイン」の自然素材住宅を提案してきた経験を生かし、自ら設計に携わりながら家を新築しました。「床は熊谷店内でも使っている無垢のオーク材です。自分で使ってみて、ますます良さを実感しています。室内は風が抜けるよう引き戸を多くしています」。家の中央にある階段はスキップフロアにし、お子さんの勉強スペースを設けることで、リビングからも、書斎からもその様子をうかがうことができます。照明の多くは、自らネットなどで探しガラス製のものを購入し、個性を主張するとともに、費用を抑えることにもつながりました。

 

033

Mさん・滋算県

壁紙とタイルを使い分けて自分色のインテリア

 

マイホームの計画から完成までに3年以上はかかったと言うMさん。「納得できる土地購入まで1年、さらに2年かけて家の設計プランを詰めました」と奥さま。一番悩んだのは、好きなテイスト、したいことがたくさんあるなかで、どうバランスをとるか。依頼先の工務店には、「期限を決めない」という条件を最初に提示、「期限があると、どうしても妥協点を探す作業になるので、自分たちが腑に落ちるタイミングで建てたかったからです」。お気に入りは、間取りに対して広くとった吹き抜けのLDK。遊んだり、くつろいだり、勉強したりが効率よくできるように工夫しました。壁紙の色にもこだわり、1階の共有スペースはブルー系を選び、2階は女子力高めのピンクで思いっきり遊びました。

 

034

西さん・京都府

たくさんの色を使いながらもすっきり見える工夫

 

1年半前、実家のお隣に念願のマイホームを完成させた西さん。家の設計・施工は、事例を見て気に入っていた滋絮県の設計事務所に依頼。無垢材を標準で付けていたことも決め手でした。「土地が15坪、建物部分が18坪と狭いので、部屋をどう配置するか悩みました」こだわったのは1階の廊下。本来なら部屋を広く使うために諦めるところを、京都の家らしく、庭の見える廊下をつくりました。また、リビングとロフトを行き来する階段も、当初の提案では、はしごでした。広さより使いやすさを重視した結果、風が抜ける気持ちいい空間に。床はオーク材、造作家具はタモ材を使用。全体的にナチュラルなテイストでまとめ、部屋ごとに壁紙の色や照明を選んで、アクセントをつけています。

 

035

Sさん・宮城県

二供帯住宅で叶えた北欧スタイルの家

 

約2年前に二世帯住宅を新築し、大好きな北欧のビンテージ家具に囲まれた暮らしを満喫しているSさんご夫妻。家を建てるきっかけとなったのは、2011年に経験した東日本大震災でした。Sさんが最もこだわったのは、「二世帯住宅でも、各々の世帯が干渉しないつくり」。同じ屋根の下ですが、玄関も、キッチンも、浴室も別。一軒家に見える外観にもこだわりました。設計は、外観のイメージが好きだったという山形県にある「鎌田工務店」に依頼しました。インテリアは、コツコツと買い集めていた北欧のビンテージ家具を中心に考えたというSさん。白、黒、木の3色にまとめて、小物でアクセントをつけることで、

居心地のよい部屋づくりを心掛けました。

 

036

川上さん・神奈川県

チークのビンテージ家具に合わせた開放的な空間

 

北欧雑貨のオンラインショップを2011年にオープンさせ、年に1度は現地に買い付けに行くという生活を送っていた川上さん。自身のお母さまとの同居が決まり、自宅を建てることに。一部には実店舗「まいにち北欧道具」もオープンさせました。違築は「ASJ世田谷スタジオ」と「坪井当貴建築設計事務所」に依頼。もともと使っていたチークのビンテージ家具に合う家をと理想を伝え、三世代同居・店舗スベースという希望を叶えました。北欧の暮らしにならっての設計で驚いたのは、間接照明の力。「夜でも十分に明るくて、理にかなっていると感じました」。1階の店舗部分は2階のリビングにつながる吹き抜け、さらにリビングは天井高約4メートルと開放的なつくりになっています。